にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

戻る クリックして拡大

我が家の一人娘、ばか犬・めらに。
03.09.09生まれ。
犬種はヨークシャー・テリアで、変態犬。
最近、服だの鞄などファッションに凝っている。

クリックして拡大 クリックして拡大
ベッドがすっかりお気に入りに。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
何してんだ・・・ 奥さん・・・娘が寝れないでしょ・・・ ベッドがあっても
主人に近い方がいい。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
懇談中。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
はみ出してる・・・
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
目が緑
クリックして拡大 クリックして拡大
お出かけ待ち。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
すっかり食い荒らした。 なぜそんなところで・・・
クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
服を着せるようになった経緯はこちら 前が見えない・・・
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
ぷぷっ
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
冷蔵庫に興味津々。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
なんちゅう寝かたや・・・
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
読書の邪魔を。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
断っておくが自分で首を出したのである。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
こちらは引っ越す前の写真。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
引っ越し中、本棚に入ってもらう。 こちらは引っ越した直後。戸惑っている。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
怒られてる。 反省しているフリは得意だ。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
飼い主と会話中
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
そんなところに入れられても・・・
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
脱出する隙をうかがっている。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
隅っこが大好き。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
またそんなところで・・・ 母と娘。
クリックして拡大
本邦初公開。うんこ中。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
洗濯物と思っていない。 あるとき妻の家族が訪問した際、
飼い主は床に布団を広げて
寝たのだが・・・
クリックして拡大 クリックして拡大
布団を広げたとたんにこれである。
クリックして拡大
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
2016年12月5日、THONGLOR PET HOSPITALが移転した。
左上はwebsiteに掲載のMAPだが、良く分からないので右上に
googlemapからの抜粋を掲載した。係員たちはラマ9、ラマ9と
言っているが、実のところラマ9ではなく、その手前だ。ところで実際に
タクシーで行ってみると、元の場所からそう離れてはいない。
これが動物病院のある通り。
正面にラマ9通りを見ている。
ただ、「ペッラマ(病院の前の
通りの名前)」と言っても
ほぼ通じない。
左写真の直ぐ右側が病院だ。
建物は分かりやすい。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
こちらが来た道。ラマ9を後ろに
見ている。
一時帰国の際に早速預けた。当然、何か月も前に予約している。 出せ出せ言っている。

さて、この病院のホテル機能は、現在のところ1泊550THBである(この頃のタイ・バーツのレートは1THB = 約3.3円)。
ただ、病院なので、事前に健康診断をされる場合がある。うちの場合、主治医がいるので、
「しばらく診ていないので採血しましょう」
「はい、先生」
ってなあんばいだ。
それで、デポジットを5,000THB取られて出発した。
(金額は預ける期間や担当者による。いつぞやは7,500THBとか言われて、
ふざけんじゃねえよこの野郎、と言うと「あっ、別にいくらでもいいんですよ」
と言われ、3,000THBくらいに下げさせた。係りの者によってはとぼけた奴がいるのだ)

そして空港のラウンジにいる頃、主治医から電話があり、
主として年齢からタイ(、腎臓)が弱っているので、治療しますか?と聞かれた。
私は耳を疑った。治療しなかったらどうなるというのだろうか?
要するに、金を払う気があるのか、と訊かれているのだ。
そこで、当然だと答えて電話を切った。

日本に到着後、数日おきに料金明細のSMSが届いていた。
メルを引き取りに戻って来た時には、20,000THB近くなっていた(デポジットを引いて15,000THB)。
まあ命は金で買えないから仕方がない。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
飼い主に気が付いて出せ出せ言っている。 見たところ遺体のような犬が。
(呼吸していた)

引き取りに来てみると、
(迎えに行くときに捕まえたタクシーの運ちゃんは、幸運にも動物病院を知っていた)
係りの人間が
「明日主治医の先生の採血の予約が入っています」
知らねえよ。
もちろん、この日主治医は非番である。
「明日来られますか?」
明日は会社だよ。
「奥様が来られればいいのでは?」
お前にそんなこと言われたくねえよ。
「では、どうされますか?」
こっちが訊きてえよ。
別の日に振り替えてくれ。

というわけで、翌週の日曜日にしてもらった。
さらに、主治医から後日詫びとともに電話があって、元病院があった場所でもクリニックを開いているのだが、
日曜日に自分はそちらに出勤するから、そっちに来るか?と聞かれた。
当然だがその提案に飛びついた。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
腎臓が悪いのでフードも
変えられた。
娘もこっちの方がうまいらしい。
ここが元の病院。閉まっている。 向かいがペットショップに
なっていたのだが、一部スペースを
割いて診察所になっている。
もちろん、フードを始めグッズも
少しある。
診察所の診療時間。本院と異なり
24時間営業ではない。
シャトルバスも出ているそうだが、
一回覚えればそこまで手間を
掛けるような場所ではない。

この日は、採血と簡単に点滴をして終了。
順調に回復しているとのこと。
この日の料金は2,400THBだった。
鮨忠の食事一回分だ。
クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大 クリックして拡大
無罪 ケーキも売っている・・・

Tweet


戻る